株式会社グロウプス

STAFF BLOG

スタッフブログ

企業ブランディングに大切な3つのこと。

 |  中小企業のブランドづくり,ブランディング戦略,採用ブランディング,デザイン

 

 

経営やマーケティングに関わる人であれば、

「ブランディング」という言葉を

近年よく耳にするのではないでしょうか。

ブランディングという言葉の浸透とともに、

ブランディングについてしっかりと理解している人も

増えている印象があります。

 

しかし、「ブランディング」=「イメージアップ」

と思っている人も少なくない印象です。

デザイナーであっても、そのような意味で理解し、

小手先で何となく印象操作を行うことを

ブランディングと言っている方もいたりします。

 

確かに結果的に「イメージアップ」、

企業価値向上を図る施策ではありますが、

ただのイメージアップと考えて取り組んでしまうと、

強いブランドは生まれにくいでしょう。

 

ブランド(brand)という言葉は、

もともと「brandr(ブランドル)」という

「焼印をつける」という意味の言葉が語源になっていると言われており、

放牧している牛などの家畜を自分の所有物だと示すために

「焼き印」を押していた習慣が原点とされています。

 

つまり、ブランディングは、

「差異化」(違うものとして区別する)し、

「認識してもらう」ことを意味し、

そして、その認識を顧客や消費者へ

「浸透」させることを目的とした活動と言えます。

 

少し前置きが長くなりましたが、

このブランディングを行う際に、特に大切なことが3つあります。

企業ブランディングの場合、

 

1.経営戦略(事業戦略)

2.サービスや商品

3.デザイン

 

この3つです。

 

「差異化」という部分において、

やはり一番強いのは、経営戦略(事業戦略)の部分です。

経営戦略レベルで、差異化する・できるポイントが

明確にあるかどうか、ここが重要になってきます。

 

サービスや商品が一定以上のクオリティーがあるかどうかも、

ブランディングにおいては成否を分ける要因となります。

 

そしてロゴやWEBサイトなど

顧客や消費者のタッチポイントとなるデザインも含めて、

それらが経営戦略に沿って

同じ方向を向いていることが大切になってきます。

また、「認識・浸透」という部分、そのスピードにおいては

このデザインが一番強い役割を果たします。

 

「ブランディング」=単なる「イメージアップ」

という意味で理解して取り組むとうまくいかなかったり、

時には「ブランディングは、経営そのもの」と言われたりもしますが、

このことを知ってもらえると、

その理由がお分かりになるのではと思います。

 

私たちグロウプスでは、

単なるマーケティングやプロモーションの一貫としてではなく、

経営戦略視点からのブランディング

(採用ブランディング・企業ブランディング)を行うことで、

企業価値向上のお手伝いをさせていただいています。

 

ブランディングは、会社を強くします。

これから会社をより良くしていきたいとお考えの

企業様、経営者様の選択肢のひとつとして、

「ブランディング」に興味を持っていただければ幸いです。

 

2018年 経済産業省・特許庁の提唱から約4年。
ビジネスを加速させる「デザイン経営」とは。

 |  中小企業のブランドづくり,デザイン

 

 

「デザイン経営」という言葉を

一度は聞いたことがあるでしょうか?

 

「デザイン経営」とは、デザインの力を

ブランドの構築やイノベーションの創出に

活用する経営手法のことです。

 

2018年5月に経済産業省・特許庁から

『「デザイン経営」宣言』が

政策提言として発表されました。

 

宣言から約4年。

徐々にではありますが、福井という地方でも

デザインを通じた「ブランディング」

という言葉が浸透しつつあり、

ブランディングに興味があると話す

経営者の方も増えてきている印象です。

 

しかしながら、

デザインとは無縁である企業は

実際はほとんどないと考えられますが、

まだまだデザインの価値にまで意識がいかない企業が

多いのが現実だと感じます。

また、大事だとわかっていても

なかなか手をつけられていない企業も

多いのではとも感じています。

 

なかなか「デザイン経営」に踏み切れない理由に

一つはコスト面が考えられますが、

経済産業省・特許庁が発表した

「デザイン経営」宣言の中には、

各国の調査によるとデザインの投資効果は、

「投資の4倍の利益」、

「10年間で2.1倍の成長」

という調査結果が掲載されています。

すぐ効果を期待すると難しいですが、

将来への投資として考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、「デザイン経営」宣言の中では、

デザイン経営の特徴の一つとして、

「事業戦略構築の最上流からデザインが関与すること」

が挙げられています。

 

そして「デザイン」については、次のように書かれています。

 

“デザインは、企業が⼤切にしている価値、

それを実現しようとする意志を表現する営みである。”

 

“顧客が企業と接点を持つあらゆる体験に、

その価値や意志を徹底させ、

それが一貫したメッセージとして伝わることで、

他の企業では代替できないと顧客が思う

ブランド価値が⽣まれる。”と。

 

このように近年、

デザインは経営にとって欠かせない資源・役割として

その重要度は日に日に高まっています。

 

当社グロウプスでも、

「デザイン経営」宣言が提唱される以前から、

デザイン・ブランディングをただの広報活動としてではなく、

「経営戦略・事業戦略と一体の関係」として捉え、

企業活動においてコアとなる

経営戦略からのブランド戦略づくりや

ブランディングのお手伝いをさせていただいています。

 

私たち中小企業が成長し発展し続けるためには、

常に「変革」に挑む姿勢が求められます。

デザイン経営に興味は持っているが、

何から始めて良いのか、どう自社に活かせば良いのか、

お悩みの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ私たちグロウプスにご相談ください。

 

大阪のIT企業がアバターで面接。
「バーチャル面接」の意図とは?

 |  中小企業のブランドづくり,採用,採用ブランディング,採用マーケティング

 

 

少し前の話ですが、

採用に関する面白いプレスリリースがありました。

 

大阪のIT企業(株式会社ビヨンド)が

2023年度新卒採用で「バーチャル面接」を

3月1日~3月15日の2週間限定で

実施するという記事。

 

「バーチャル面接?」と読み進めると、

面接官・学生の両者が

ZOOMにてアバターを使用し

面接を行うというものでした。

 

この「バーチャル面接」、

一見、「メタバース」が注目を集める中、

バーチャルアバターを題材にすることで

話題性を最重視しているようにも見えますが、

その意図を知れば知るほど

よく考えられた手法だということが分かります。

 

この面接では、アバターを使用すること、

学歴・性別・年齢などの個人情報を使用しないことで、

固定概念に囚われずにフラットな状態で

学生の人間性を知ることが目的とされています。

 

ダイバーシティ(多様性)と

インクルージョン(包括)を重視した理に適った手法で、

その採用への取り組むとともに、

企業の姿勢や考え方を上手く学生に伝えている事例だと思います。

 

私たち地方の採用も、

「アバター採用をしましょう」とは言いませんが、

ダイバーシティやインクルージョンという考え方を見習い、

取り入れていく必要があります。

 

新型コロナウイルスの影響は、

採用にオンライン化をもたらしました。

その結果、都会・地方の壁がなくなり、

首都圏の企業・特に大手企業は

地方の人材に注目するようになっています。

 

私たち福井の採用シーンでも「地方だから大丈夫」という考えは、

これから先通用しなくなっていくことが考えられます。

「自社でできることは何があるか?」、

すぐには大きく変わることはできませんが、

少しずつ考えて取り組んでいくことが大切です。

 

会社説明会で、ミスマッチを防ぐために。
「会社の課題は隠さず伝える。」

 |  中小企業のブランドづくり,採用,採用ブランディング,採用マーケティング

 

 

いよいよ23年卒の就職活動も解禁間近。

これから合同企業説明会や

企業説明会を行う企業様も多いことと思います。

 

企業説明会は、自社をアピールする絶好の機会です。

中小企業の場合、いかに会社はオンリーワンの存在なのか、

他社との違い、強みなど自社の強みを

知ってもらうことは非常に大切です。

ただここにも注意しなければいけない

落とし穴が潜んでいます。

 

会社をよく見せたいと言いう意識が強すぎて、

ついつい良い部分を

異常に大げさに話をしてしまったり、

悪い部分は隠してしまったりすると、

入社後にミスマッチによる

離職が起きることが考えられます。

 

実際に近年の傾向として、

入社後の「思っていた会社と違った」という

ミスマッチによる早期退職が増えています。

そうなってしまうと、本末転倒になってしまいます。

 

内容にもよりますが、できることなら

会社の課題や弱い部分などネガティブな情報も

「この会社に入りたい」と思ってもらえる範囲内で、

前もって求職者にはお伝えしておくことも

大切なことだと考えます。

 

伝えることなく

後から事実と大きく違ったことが判明すれば、

強い不信感につながってしまうことは避けられません。

説明会の場であれば、

良いことしか言わない企業が多い中で

あえて会社の課題を伝えることで

学生から信頼を得ることもできますし、

会社の課題を解決して

自社をよりよくしていきたいという強い想いや、

会社をより良くするために

人材を必要としているというメッセージなど、

プラスのイメージに転換して伝えることもできます。

 

会社を魅力的にアピールしすぎかも?と感じたら、

説明会の場で会社のネガティブな部分も

「あえて」伝えることを意識してみても良いでしょう。

 

就活解禁間近。
学生が企業説明会で特に知りたいことは?

 |  中小企業のブランドづくり,採用,採用ブランディング,採用マーケティング

 

 

今日はとても気持ちの良い天気でしたね。

いよいよ春到来でしょうか?

そして、23年卒の就職活動もいよいよ3月1日から解禁になります。

3月に合同企業説明会や

企業説明会を行う企業様も多いでしょう。

 

企業説明会は、

学生の応募の動機につながる非常に大切な機会です。

その後のエントリーや選考、

入社後にまで大きく影響してきますので、

ただ会社の説明をすれば良いという姿勢ではなく、

学生は何を知りたがっているのかを踏まえて、

お話をすることが重要です。

 

それでは、質問です。

学生が企業説明会で

「特に知りたい」と思っていることは何でしょうか?

 

給料や待遇?福利厚生?

もちろんそれも大事なことですが、

学生を侮ってはいけません。

 

当たり前といえば当たり前ですが、

答えは、入社後の「仕事内容」です。

注意が必要なのは、

ただ仕事内容を伝えるだけでは学生には響きません。

 

その会社で働くことで、

どんな自分になることができるのか?

なりたい自分になれるのか?

その会社で働くことで、

どう社会と関わり、社会貢献できるのか?

 

これらのことを考えて、企業を選ぶ学生が増えています。

今一度、上記の2点が伝わる内容になっているかを、

意識して見直してみましょう。

 

1 2 17

トップへ戻る