株式会社グロウプス

STAFF BLOG

スタッフブログ

「記憶色」 少しの差で印象がガラリと変わる!?

 |  デザイン

 

今回はデザインに関わるお話。

 

さて、皆さんは「記憶色」をご存知でしょうか?

デザインや写真に関わっている人は知っているかもしれませんが、

もしかしたら耳にしたことがない人がほとんどではないでしょうか?

 

「記憶色」とは言葉通り、人がイメージとして記憶している色のことです。

空と言えば…青ですよね?

このように、あるものに対して思い浮かんだ色のことを記憶色といいますが、

実はこの記憶された色は現実の色とはズレて記憶されていることがあります。

例えば、青空を思い浮かべて次の写真を見てください。

 

 

 

どうでしょうか?

おそらくイメージされた青空だったのではないでしょうか?

 

しかし、実際晴れた日に空を見てみてもらえればと思いますが、

日にもよりますが実際の空の色は、

次の写真ぐらいの少しくすんでいる色の場合が多いです。

(※もちろん真っ青な時もあります。一例です。)

 

 

 

このように実際の色と私たちの記憶している色には少しズレがあり、

人が記憶している色の方が、実際の色に比べて色鮮やかである傾向があります。

そして、この少しの差がとても重要です。

 

 

もう一つ例をあげてみましょう。例えば、「トマト」。

下の写真で、左と右どちらの方が美味しそうに見えるでしょうか?

 

 

 

実際のトマトの色は左のような少しくすんだ色ですが、

私たちの記憶している色が鮮やかな色のため、

実際の色に近い写真を見ると違和感を覚えます。

逆に少し色鮮やかに写真を補正すると、

「美味しそう」と共感しやすい色になります。

本当に少しの差ではありますが、

この記憶に近い色に近づけることで共感が生まれやすくなります。

 

私たちのブランディングのお仕事では、

WEBサイトやパンフレットなどを制作することが多く、

デザインに写真をよく使用しますが、

トーン&マナーと呼ばれる雰囲気づくりも含めて

ほぼ全ての写真を違和感を感じさせないよう、

そして共感を得やすいように色補正しています。

 

近年ではスマートフォン、SNSの普及により、

画像加工もより身近になっています。

Instagramなどでは、色鮮やかな写真が目立ちます。

なぜ、私たちが写真の色を補正するのか、

その答えの一つにこの「記憶色」が関わっていると言えるかと思います。

 

ぜひ皆様、情報発信やデザイン、ブランディングなどの企業活動に

この「記憶色」を理解していただき、色の効果を活用してみてもらえれば幸いです。

この少しの色の違いで共感を得やすくなり、印象はガラリと変わるはずです。

 

※ただし、あえての表現以外での、不自然に見えるほどの色補正は

逆効果になりますのでご注意ください。

 

 

私たちグロウプスは、福井の中小企業の採用や

ブランドづくりのお手伝いをさせていただいている会社です。

これからも企業のブランディングや情報発信などの

役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

当社にご興味がある方はぜひホームページをご覧ください。

 

 

https://www.growpus.com/

 

採用試験の選考基準、公開する動きが広がる。

 |  採用,採用ブランディング,採用ワンポイント,採用マーケティング

 

 

新卒学生の就活の早期化・長期化がより一層進む近年の採用活動。

 

ツイッターで「就活」と検索すると、

上位に「鬱(うつ)」や「死にたい」、「疲れた」という

検索候補が表示されます。

 

 

 

内定率の高さから超売り手市場とそちらにばかり目がいきがちですが、

その裏にはなかなか内定が決まらず、

「なぜ不採用になるのか分からない」と負のループに陥り

いつまで続けなくてはいけないか分からない就職活動への不安から

心が病んでしまう学生もいます。

 

そのような中、大手企業を中心に

企業が採用試験の選考基準を積極的に開示する動きが広がってきています。

(日本経済新聞  2022.8.18)

 

新聞記事には、「評価基準の項目の公開」や、

「試験の結果を就活生にフィードバック」したり、

「先輩内定者のエントリーシートの内容」を公開したり、

「選考過程の情報」を開示したりという、

ソニーグループや関西電力などの様々な取り組みが紹介されていました。

 

このような動きの目的には、

情報を開示することにより、学生の不安を取り除くことや、

学生自身に企業との相性を見極めてもらうという狙いがあるようですが、

 

中でも特に、「評価基準の項目の公開」や

「試験の結果を就活生にフィードバック」することは、

「なぜ不採用になるのか分からない」という就職活動に対し、

「なぜ不採用だったのか」という答えを学生に感じ取ってもらい、

次の就職活動に前向きに取り組んでもらうための取り組みとしても

よい風潮なのではないか、と感じています。

 

不採用の際の「ますますのご活躍をお祈り申し上げます」という

就活生の間で呼ばれている「お祈りメール」、

お祈りメールさえも送られない「サイレントお祈り」ではなく、

例えば、こう言った理由で今回は見送らせていただくという

企業側の不採用への意思を表示することも

悪いことではなく、誠意の表れでもあると思います。

採用活動の負担増しにはなりますが、

中小企業もできる取り組みではないかと思います。

 

ただ、このような取り組みができるのは、

企業の採用基準が明確になっていることが条件になってきます。

社風や人事担当者・面接官の経験による判断が採用基準になっている企業は、

なかなか採用・不採用の理由を、就活生一人ひとりに伝えるのは困難です。

 

このような取り組みができなくても、

学生の中には、「不採用の理由を教えて欲しい」と聞いてくる学生もいます。

企業側がその理由を伝える義務はなく、

絶対に伝えなければいけないということはありませんが、

そのような時に、できる限りしっかりと伝えることができるよう、

まずは求める人物像や採用基準を明確にして、

採用活動を行うことが大切です。

お盆休業期間のお知らせ

 |  お知らせ

 

グロウプスの外観

 

グロウプスは、

2022年8月13日(土)から8月16日(火)まで、

お盆休業期間とさせていただきます。

8月17日(水)より通常営業いたします。

 

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

—————————————————————————

福井の中小企業のブランドづくり。
企業価値を高め、新たな人財採用、顧客獲得を実現します。

採用ブランディングなら
GROWPUS 株式会社グロウプス
〒918-8205 福井市北四ツ居2丁目2-13
TEL.0776-53-2072 FAX.0776-53-2076
https://www.growpus.com/

「Less is more」 本当に大切なことは何か?

 |  デザイン

 

さて、今回は少しデザインのお話をしたいと思います。

 

世界三大建築家の一人、

1950年代頃から活躍されたドイツの

ミース・ファン・デル・ローエが残した言葉の中に

「Less is more」(少ない方が豊かである)という言葉があります。

 

「シンプルなデザインを追求し、

本当に必要なものだけに絞り込むことで、

より美しく豊かな空間が生まれる」

という意味の言葉ですが、

建築業界だけではなく、

私たちが行っているグラフィックデザインやWEBデザインなど

様々な分野に影響を与えた言葉です。

 

「Simple is best」や

「引き算の美学」 と言った言葉も、

同じ考え方の言葉です。

 

デザインあるあるですが、A4のチラシに

「あの情報も入れたい」、「この情報も入れたい」と

入れたい情報を盛り込んだ結果、ごちゃごちゃして

結局何を伝えたいかわからないチラシになってしまった…

というような経験はないでしょうか。

 

まさにこの “Less is more”

という考え方がピッタリくる場面です。

 

私たち多くの人間の思考は、

引き算よりも足し算を優先させる傾向にあるらしいですが、

逆にシンプルに表現し余計なものを取り除くこと、

つまり本当に必要なものだけにあえて絞り込むことで

効果を最大化する伝わる表現になったり、

人々を魅了する美しい表現になったりすることがあります。

 

ただ、この「Less is more」を考えるときに、

「シンプルなデザインこそが、良いデザイン」

「要素が少なければ少ないほど良い」

という考え方になってしまわないよう

注意は必要かなと思います。

 

「Less is more」 を考えるときに必要なことは、

「本当に大切なことは何か?」、

「目的は何か?」という考え方です。

 

例えば、スーパーのチラシをつくる際に、仮に目的を

「多くの消費者にたくさんの安い商品を求めて足を運んでもらう」としたときに、

情報を絞ったシンプルなチラシよりも、

目に留まる賑やかな情報量の多いデザインの方が良いデザインとなるでしょう。

 

その時に、「装飾」というデザインは、

足を運んでもらうために賑やかさを演出する

「必要なもの」と考えることができるでしょう。

 

このように、「本当に大切なことは何か?」、

「目的は何か?」を考えることは

デザイン制作に欠かせない考え方です。

何が必要で、何が不要かという判断の基準になります。

このことは、「Less is more」という考えに通じているように思いますし、

もちろんブランディングの際にも欠かせない考え方です。

 

今回は「Less is more」という

デザインするにあたって大切な考え方を紹介しましたが、

何か違うなと感じた時に、足し算ではなく、引き算で考えること、

「本当に大切なことは何か?」「目的は何か?」という原点に戻る

という考え方があることを頭の片隅に置いてもらえれば幸いです。

 

余談ではありますが、シンプルなデザインは、

一見して簡単に作れるかのように見えるかもしれませんが、

洗練されたシンプルなデザインとなると

決して簡単に作れるものではなく、

むしろ上級者のデザインになってきます。

簡素に見えるものが、簡単に作られたかというと、

それは多くの場合当てはまりません。

 

身近なところで言えば、皆さんが普段使っている名刺も、

実は作るのが簡単そうに見えて案外難しかったりします。

少ない要素でも美しくバランスが取れたレイアウトや

感情を揺さぶるためのアイデアだったりと、一見シンプルに見えて、

実は見た目からは想像できない程の時間と労力がかかっていたり、

熟練デザイナーの経験に裏付けされた技術や

これまでの努力の賜物であったりします。

このことを理解して周りのデザイン物を見てみると

また違った表情や違った一面を楽しめるのではないでしょうか。

 

今回は、簡単そうに見えて? 難しい。

だけどデザインするにあたって大切な

“Less is more” という考え方をご紹介させていただきました。

皆様の情報発信やデザイン、ブランディングなどの

企業活動の一助になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

面接官の履歴書?その狙いとは?

 |  採用,採用ワンポイント,採用マーケティング

 

 

採用に関する面白いニュースを見ましたので、紹介したいと思います。

 

それは、大学事業などを手掛ける企業(デジタウハリウッド株式会社)が、

学生を面接する際に、面接官のプロフィールシート(履歴書)を

数日前に学生にも共有した上で、面接に臨んでもらうという

取り組みを始めているという内容のニュース。

 

その面接官のプロフィールシートには、

面接官の名前、職歴、社内でのキャリア、趣味や特技、自己PR、

仕事のやりがいなど学生の履歴書と遜色のない内容が記載されているとのこと。

 

この面接官の履歴書を発案に至ったのは、

企業側は学生の情報を知っているのに、

学生は面接官の下の名前すら知らないという

情報の不平等に違和感を覚えていたからとのことでした。

 

従来から採用面接は、

「企業が応募者を募り、選考し合否を決定する」イメージが強いですが、

売り手市場と言われる現代において、面接の場は

「求職者が就職先としてどうか、選考する場」でもあります。

 

一方的な採用面接のあり方に一石を投じるとともに、

面接担当者にも「選んでいるのではなく、選ばれている」という

意識を持ってもらう良い取り組みではないかと思います。

 

就職氷河期時代には「企業側が応募者を選ぶ」という時代がありました。

その頃には、いわゆる「圧迫面接」で、応募者の本音を引き出したり、

ストレス耐性やコミュニケーション力を確認したりという

今ではあまり考えられない方法がまかり通っていましたが、

売り手市場の今、そのようなパワーバランスはとっくに崩壊しています。

 

「圧迫面接」とまでいかなくても、企業として面接の対応を誤ってしまうと、

学生の採用の機会損失となるだけではなく、

企業としての信用や評判に悪影響が及ぼす可能性は高いでしょう。

 

確かに企業側が最終的には合否を決定する側面もありますが、

あくまで面接は「お互いにとって選考の場」であると

改めて考えさせられたニュースでした。

 

特に私たち中小企業は大企業に比べ、知名度も条件も良いわけではありません。

求職者に選んでもらえるような企業になるよう取り組み、

些細なことでも良いので努力していくことが大切です。

 

羽水高校でキャリア講座「キミのミライのカタチ」に参加!

 |  賀川,採用,SDGs

 

賀川です。

 

7月22日(金)に、羽水高校で、

「キミのミライのカタチ」

〜ふくい「仕事人」によるキャリア講座〜

を開催しました。

 

4年ぶりの開催ですが、

新しいコンセプトのもと、

今回、僕は育成会役員として企画運営を取り仕切りました。

 

文系理系を選択する前の1年生に対して、

多様な経験(ex.海外を飛び回って、なぜか福井に行き着いた人)や、

多様なテーマ(ex.災害)、

そして多様な業種や職種の方々に講師になっていただき、

自分の生き方や価値観、そして働き方、夢や目標などを

語っていただきました。

 

生徒からは・・・

●普段知れないことを現役世代の方々に教えてもらいとてもいい経験になりました。

学んだことを糧に少しでも普段の生活に活かせるように心がけたいです。

●中々ない貴重な経験でとても楽しかったです。

興味のある分野やそうでは無い分野色々ありましたが、

新しい発見をするには最適だったと思います。

もし時間があればまた様々な人の話を聞いてみたいです。

●今回は自分が聞いてみたいなと思う職業についてお話を聞けて、

福井で仕事をするということの良さが感じられました。

私は将来県外で仕事に就きたいと思っています。

でも、福井に帰ってきて自分で起業したり、

地元のためになにか出来ることはないかなど、

色んなことも踏まえつつこれからの進路選択に役立てたいです。

●講座してくださった方々の人生や考え方を聞いて、

自分について考え直したり新しい気づきを得られたので、

とても為になる良い講座でした。

●講座を聞くまでは将来の夢がぼんやりとしか決まってなかったのですが、

今回の講座を聞いて将来の夢がはっきりとしてきたので良かったです。

 

今回は今後の職業に対する理解を深めて欲しいということはもちろんですが、

地元福井に、これだけイキイキと暮らしている人たちがいること、

そしてイキイキと働いている人たちがいることを認知してもらい、

県外の大学に行ったとしても、

Uターンもしくは、

県外で就職したとしても、

いずれ福井県に恩返しできる人材になって欲しい。

そんな願いを込めて運営していました。

 

このような、地元の学校に対する教育は、

グロウプスのSDGsへの取り組みへの一環でもあります。

次世代をつくる人たちが、

次の「最高の明日(未来)」をつくる。

そう期待しています。

 

 

 

 


 

「採用」に強い会社をつくる。
採用戦略・採用ブランド戦略・採用ブランディング・採用マーケティングなら、
グロウプス

※実績はこちらから

 

採用戦略、採用サイトに関するご相談はこちらからお願いします。

お問い合わせはこちらから

 

 

—————————————————————————

福井の中小企業のブランドづくり。
企業価値を高め、新たな人財採用、顧客獲得を実現します。

「採用」から、中小企業の明日をつくる。
GROWPUS 株式会社グロウプス
〒918-8205 福井市北四ツ居2丁目2-13(※旧マーシュさんの後)
TEL.0776-53-2072 FAX.0776-53-2076
https://www.growpus.com/

 

福井県の職員の方と、県内企業の新入社員さんのヒアリングを実施

 |  中小企業のブランドづくり,賀川,採用,採用ブランディング,採用マーケティング

 

賀川です。

 

先週までにですが、

福井県の職員方と一緒に

県内企業の新入社員(1〜2年目)のヒアリングを実施。

ご協力いただいた企業様ありがとうございました。

 

今回のヒアリングの目的は、

就活時のリアルな話をヒアリングし、

その肌感覚をどう政策に活かしていくのか?

アンケートでは分かりづらい点の深堀りです。

 

福井県を始め、地方の人口減少は進んでいます。

昨年1年間で6,000人もの人がいなくなっています。

同様に労働人口も減っている状況です。

 

弊社のミッションは、

福井県内の中小企業に対して、

「採用に強い会社」をつくっていくこと。

ですが、

これからは、行政や教育機関、

そして民間が一体となって取り組んでいくことが必要です。

 

さてチーム福井となって、

オモシロい政策やビジネスをして行きましょう。

これからが楽しみです!

 

日刊県民福井(2022年7月3日)さんに掲載されました。

 

 


 

「採用」に強い会社をつくる。
採用戦略・採用ブランド戦略・採用ブランディング・採用マーケティングなら、
グロウプス

※実績はこちらから

 

採用戦略、採用サイトに関するご相談はこちらからお願いします。

お問い合わせはこちらから

 

 

—————————————————————————

福井の中小企業のブランドづくり。
企業価値を高め、新たな人財採用、顧客獲得を実現します。

「採用」から、中小企業の明日をつくる。
GROWPUS 株式会社グロウプス
〒918-8205 福井市北四ツ居2丁目2-13(※旧マーシュさんの後)
TEL.0776-53-2072 FAX.0776-53-2076
https://www.growpus.com/

 

1 2 3 27

トップへ戻る